本文へ
ここから本文です

令和2年 東北大學総長 年頭所感を掲載しました

令和2年 東北大學総長 年頭所感(2020.1.6)

大野英男総長

明けましておめでとうございます。穏やかなお正月を過ごされたことと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

文部科學省の學校基本調査によると、わが國の2019年における4年制大學進學率は53.7%です。今年から家庭の経済狀況に関する一定の條件を満たす學生は、教育費の支援が受けられますので、進學率はさらに上昇しそうです。しかし、少子化に伴う18歳人口の減少により、大學進學者の絶対數は今後減っていくと予想されています。

國立大學の定員は現在約95,000人です。18歳人口の減少を受けて、定員を減らすことを検討すべきとの議論があります。高等教育の機會を減らすことが、わが國の將來にとって賢明なこととは思われません。

社會は知識集約型へと変化しています。この変化を先導するには人文社會系、生命醫學系、理工系を橫斷する不斷の研究が必要です。國立大學はわが國の先端研究をけん引しています。例えばわが國のトップ10%論文(被引用數がトップ10%に入りインパクトが高いとされる論文)の50%強は國立大學からのものです。また、民間企業等からの研究費のほぼ3/4は國立大學に投入されています(國立大學協會調べ)。定員を減らすことは、そのような環境で勉學し教育を受ける機會を減らすことになり、また研究をはじめとするわが國の活力をそぐことになります。...

問い合わせ先

総務企畫部広報室
TEL:022-217-4977

このページの先頭へ
热博rb88 rb88热博电竞平台| 热博体育在线| 热博手机版| 热博体育官网| 热博体育官网| 热博体育在线| 电竞竞猜| rb88官网| 热博随行版| 热博rb88| 热博体育在线| rb88| rb88热博电竞平台|