本文へ
ここから本文です

量子暗號通信技術を用いた全ゲノム配列データの伝送を世界で初めて実証 ~大容量データ伝送にも対応した量子暗號技術がゲノム研究?ゲノム醫療分野での実用レベルの活用を可能に~

株式會社東芝(以下、東芝)と東北大學東北メディカル?メガバンク機構(以下、ToMMo)は、數百ギガバイトを超えるデータ量の全ゲノム配列データを、量子暗號通信を用いて伝送することに世界で初めて成功しました。量子暗號通信技術による鍵配信速度は現時點で最大でも10Mbps程(注1)であり大規模なデータ伝送の活用には課題がありましたが、今回東芝とToMMoは、大規模データを逐次暗號化?逐次伝送するシステムを新たに開発し、全ゲノム配列データのリアルタイム伝送を実現しました。

これにより、量子暗號技術が大容量データの伝送に活用できること、またゲノム研究?ゲノム醫療の分野において実用レベルで活用できることを実証しました。

本研究の一部は、內閣府総合科學技術?イノベーション會議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「光?量子を活用したSociety 5.0実現化技術」(管理法人:量子科學技術研究開発機構)によって実施されました。

注1:https://www.toshiba.co.jp/about/press/2018_08/pr_j2701.htm外部サイトへ

図 1 開発したゲノム解析データ伝送システムの概要

詳細(プレスリリース本文)PDF

問い合わせ先

東北大學東北メディカル?メガバンク機構 広報戦略室
室長 長神 風二(ながみ ふうじ)
電話番號:022-717-7908  
Eメール:pr*megabank.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ
热博rb88 rb88| 热博手机版| 热博体育在线| 热博体育| 热博手机版| 热博体育官网| rb88热博电竞手机版| 热博rb88| BTI体育| 热博手机版| 体育热博| rb88热博电竞平台| 热博体育在线|