本文へ
ここから本文です

愛情ホルモンが左右するメダカの異性の好み ~オスとメスで逆に働くオキシトシン~

【発表のポイント】

  • メダカが親密な異性を好む性質は、オキシトシンホルモンによって制御されていることを解明。
  • オキシトシン遺伝子を壊すと、メスでは好みが消失し、オスでは親密なメスを好むようになる。
  • メダカの基礎研究から親密な異性への好みや性差を生み出す機構の解明に期待。

【概要】

北海道大學大學院薬學研究院の橫井佐織助教,岡山大學大學院自然科學研究科の竹內秀明特任教授/東北大學大學院生命科學研究科教授(併任)及び基礎生物學研究所などの研究グループは、メダカが親密な異性を好むか否かをオキシトシンが制御していることを明らかにしました。

メダカのメスには「そばにいたオス」を目で見て記憶し、そのオスの求愛を積極的に受け入れる傾向がある一方、オスは親密度に関係なくメスに求愛します。本研究では、「愛情ホルモン」として知られるオキシトシンに著目し、メダカでの異性の好みに対する効果を検証しました。オキシトシン遺伝子を壊したメダカを用いて実験をしたところ、メスではオスに対する好みが消失し、見知らぬオスを積極的に受け入れましたが、オスでは三者関係(オス,オス,メス)において、初対面のメスには無関心である一方、親密なメスに対してはライバルオスを追い払ってメスのそばにいる様子が観察されました。ヒトなどでは、オキシトシンには親密な他者に対する愛著を強める働きがあるとされていますが、メダカのオスでは逆に愛著を下げる方向に働くことが明らかとなりました。このことから、オキシトシンが動物種や性別によって「愛情ホルモン」以外の働きを持つと考えられます。

行動異常を示したメダカの脳ではいくつかの遺伝子の発現量に顕著な変化があり、その遺伝子はヒトにも存在したことから、メダカの基礎研究からオキシトシンが親密な他者に対する愛著を制御 する仕組みや性差を生み出す仕組みが明らかになることが期待されます。

なお、本研究成果は日本時間2020年2月18日(火)午前5時(米國東部時間2020年2月17日(月)午後3時)公開のProceedings of the National Academy of Sciences誌に掲載されました。

オキシトシンが左右するメダカの異性の好み

撮影:「ドキュメンタリーチャンネル 藤原英史」

詳細(プレスリリース本文)PDF

問い合わせ先

東北大學大學院生命科學研究科広報室
(〒980-8577 宮城県仙臺市青葉區片平2丁目1‐1)
TEL:022-217-6193
FAX:022-217-5704
E-mail:lifsci-pr*grp.tohoku.ac.jp(*を@に置き換えてください)

このページの先頭へ
热博rb88 热博随行版| 热博手机版| BTI体育| 热博手机版| 热博手机版| 热博rb88| 热博rb88| rb88热博电竞手机版| rb88热博电竞手机版| BTI体育| 热博sbt体育| 热博手机版| 体育热博|